神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介
推薦商品
トマト(明石市場近郷)
 

産地商品情報

真っ赤な初夏を代表する野菜トマト。明石市場近辺には、神戸市西区を中心に数多くの「トマト生産者」がおり、それぞれ自慢のトマトを栽培しています。
大規模な生産者は水耕栽培が多く、「明石の夕市」には、その日にとれた新鮮なトマトが入荷します。
トマトは加温施設で一年中切れることなく入荷していますが、6月から7月中旬にかけては、入荷量が一番多くなります。

作柄情報
多くのトマトがハウス栽培なので、極端な日照不足にならない限り順調に入荷します。

商品の選び方
形が角ばっているものは、中が空洞化していることがあるので、全体的に丸みがあるものを選びましょう。
これから夏場以降にかけては、生育上ヘタから「割れ」が入っているものが多くなりますが、品質に問題はありません。

おいしい食べ方
サラダ感覚で丸ごと“カブッ”…というのが一番!!
他の食材と煮込んで調理してもおいしく食べることができる万能野菜です。
実が熟れすぎたものは、自家製トマトジュースにしてはいかがでしょう。
資料提供して頂いた「藤田農園」ホームページに美味しい食べ方が多数掲載されています。

一口メモ
トマトの赤い成分であるリコピンには、抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病を予防する効果があるといわれています。また、メラニン色素を作りにくくする働きがあり、美白効果も期待できます。

資料提供
トマト生産者 農業生産法人 有限会社藤田農園
http://www.fujita-nouen.co.jp/

 
 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 白葱 ]

[ 小松菜 ]

・3月

[ 菜の花 ]

[ 伊予柑 ]

・4月

[ 兵庫県産(神戸・明石・淡路地区)イチゴ ]

[ 筍 ]

・5月

[ うすいえんどう(和歌山産) ]

・6月

[ トマト(明石市場近郷) ]

[ 佐藤錦(さくらんぼ) ]

[ 徳島県産 洗いらっきょ ]

・7月

[ 和歌山県産 桃(JA紀の里マル長嶋桃出荷組合) ]

・8月

[ モロヘイヤ ]

・9月

[ メークイン ]

[ 岡山産 翠峰 ]

・10月

[ 地場産いちじく(JA兵庫六甲 平野支店) ]

・11月

[ ピオーネ ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ 百合根 ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.