神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介商事部商事課
推薦商品
クランベリーcranberry


商品情報

クランベリーはヨーロッパ、北アメリカ両大陸の寒冷地に生育するツルコケモモ科の小果樹です。
クランベリーの名前の由来は、1620年メイフラワー号で英国から渡ってきたピルグリム達が発見したフルーツの薄いピンク色の花が、鶴(crane)のくちばしに似ている事からcran-berryと名付けられました。
主にジュースや料理用ソース、お菓子などあらゆる料理に幅広く利用されています。

また、アメリカでは毎年、感謝祭やクリスマスの晩餐に七面鳥とクランベリーソースが、全米の家庭のテーブルに並び、欠かせない物となっています。

ただし、そのまま食べるには酸味が強く適しておりません。実には薬効があり、風邪の時に食するとよいと言われています。

アメリカにおいて、クランベリーは子供から大人まで、幅広い年代に好まれており、
特に飲料では、オレンジ、アップルに次ぐ第3位の飲料として、非常にポピュラーなフルーツです。


一口メモ
 ポリフェノールやキナ酸(利尿作用)の有効成分があります。尿の異常な臭いやにごり、
結石を防ぐ効果があります。また、キナ酸により尿の上昇を防ぎ感染菌の増殖も防ぎます。
 クランベリーの特有の赤い色の色素アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化力が非常に強く、心臓病を引き起こす酸化作用を遅らせる作用があるとされています。心臓病の多いアメリカではコレステロール値が高いと指摘されたらクランベリーを摂ると言うぐらい効果が知られています。
また、ビタミンCが豊富で壊血病の予防、胃や肝臓の疾患、血液障害、癌の予防にもなると言われています。

時期は10月〜12月です。
主な働きと関連する病気  
 ・尿を酸性にする。(尿路結石、前立腺炎)
 ・歯垢の形成を防ぐ。(歯周病)

   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ パパイヤ ]

[ アボカド ]

・2月

[ パイナッフル ]

[ エンダイブ ]

・3月

[ マンゴスチン ]

[ ブロッコリー  ]

[ バナナ ]

・4月

[ ミラクルフルーツ ]

[ イスラエル産柿 ]

[ オレンジ ]

・5月

[ アメリカンチェリー ]

[ パプリカ ]

[ マンゴー ]

 
・6月

[ れいし(ライチ) ]

[ ブラックベリー ]

[ ニュージーランド産 柿 ]

[ スターフルーツ ]

・7月

[ チェリモヤ ]

[ ドリアン ]

[ キワノ ウリ科 ]

[ タマリロ ナス科 ]

・8月

[ ハネデューメロン ]

・9月

[アスパラ・ミニアスパラ]

[ トレビス ]

・10月

[ クランベリー ]

[ ランブータン ]

・12月

[ セロリ ]

[ ざくろ ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.