神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介商事部商事課
推薦商品

ランブータン

 
概要
ランブータン (Nephelium lappaceum L.)  ムクロジ科 マレー語でランブート(RAMBUT)は「髪の毛」のことで、アン(AN)は接尾語で「〜のもの」の意味、つまり「毛の生えた物」というのがランブータンとなります。
栽培が多いのはアフリカ、インド、インドネシア、カリブ海諸島、カンボジアでオーストラリアは増加傾向にあります。東南アジアで最も一般的な果物ですが、それ以外の熱帯地域でも栽培されています。

果実は生や冷凍の状態で売られることが多く、ジャム、ゼリー、缶詰での利用もあります。マレーシアでのランブータンの開花は、4月から7月と、7月から11月にかけてで、通常は乾期の後の雨に反応して起こります。

特徴
大きさは4〜5cm程度で表面は赤く、約1cmくらいの柔らかいトゲのようなものがあります。中身は白く半透明でゼリー状の実が入っており熱帯果実のレイシ(ライチ)やロンガン(リュウガン、竜眼)とよく似た果実です。

要素
 酸味は少なく、ジューシーで甘く、鉄分やカルシウム、ビタミンCが豊富に含まれています。

食べ方
ナイフで縦に切れ目を入れて果皮をむいて果肉を食べます。種子は脂肪に富み、炒って食べることもできます。


ランブータン【ムクロジ科】
ランブータン【ムクロジ科】

 



   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ パパイヤ ]

[ アボカド ]

・2月

[ パイナッフル ]

[ エンダイブ ]

・3月

[ マンゴスチン ]

[ ブロッコリー  ]

[ バナナ ]

・4月

[ ミラクルフルーツ ]

[ イスラエル産柿 ]

[ オレンジ ]

・5月

[ アメリカンチェリー ]

[ パプリカ ]

[ マンゴー ]

 
・6月

[ れいし(ライチ) ]

[ ブラックベリー ]

[ ニュージーランド産 柿 ]

[ スターフルーツ ]

・7月

[ チェリモヤ ]

[ ドリアン ]

[ キワノ ウリ科 ]

[ タマリロ ナス科 ]

・8月

[ ハネデューメロン ]

・9月

[アスパラ・ミニアスパラ]

[ トレビス ]

・10月

[ クランベリー ]

[ ランブータン ]

・12月

[ セロリ ]

[ ざくろ ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.