神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介商事部商事課
推薦商品

ブロッコリー

 

特徴
 ブロッコリー(Broccoli、学名:Brassica oleracea var.italica )は、アブラナ科の緑黄色野菜でキャベツの変種で、和名の緑花野菜は、メハナヤサイ(芽花野菜)です。
 ブロッコリーの原産地はイタリアを中心とする地中海沿岸で、日本には明治時代の初期に渡来したと言われています。カリフラワーと同じ種類の野菜(カリフラワーとは親戚関係)でキャベツの変種です。イタリア語では茎や芽を意味し、単位は「株」で言います。
 ブロッコリーはイタリア料理によくみますピクセル、エンデバー、グリーンベール、などの品種があります。

ブロッコリーの栄養
ブロッコリーには、がん予防・風邪予防に効果のあるビタミンCをレモンの約2倍含んでいます。また、カロチンや、ビタミンB2、カリウム、カルシウムも豊富で、食物繊維も多いので、血糖値を正常に保つ効果も期待できます。
 また、クロムという栄養素を含んでおり、糖尿病にも効果があると言われています。
 好まれているのは、花の蕾の集まった部分ですが、茎や葉の部分にもたくさん栄養が含まれています。

時期
 最近では国産が一年通して見かけるようになりましたが、7〜9月に種をまき、11月から3月まで収穫ふる冬型と、2月に種をまいて4月〜6月から収穫する春型があり、基本的には寒い季節の野菜だということができます。

ブロッコリーの選び方
ブロッコリー アメリカや中国などからの輸入物がありますが、輸入物は低音にして運んでくるため濃い緑色をしていますが、国産の物は鮮やかな緑色をしたものが多いです。
 買うときには緑色が濃く丸みがあり蕾の隙間が密で締まっているもので花がさいていない物(色が黄色くなっていないもの)を選ぶと良いと思います。
 ただ、鮮度が落ちやすいので早めに食べる事をお薦め致します。紫色を帯びたものは、低温下育ちでアントシアン色素のせいです。ゆでれば緑色になり、味は変わりません。なお、ゆでて冷凍しておくと保存がききます。


   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ パパイヤ ]

[ アボカド ]

・2月

[ パイナッフル ]

[ エンダイブ ]

・3月

[ マンゴスチン ]

[ ブロッコリー  ]

[ バナナ ]

・4月

[ ミラクルフルーツ ]

[ イスラエル産柿 ]

[ オレンジ ]

・5月

[ アメリカンチェリー ]

[ パプリカ ]

[ マンゴー ]

 
・6月

[ れいし(ライチ) ]

[ ブラックベリー ]

[ ニュージーランド産 柿 ]

[ スターフルーツ ]

・7月

[ チェリモヤ ]

[ ドリアン ]

[ キワノ ウリ科 ]

[ タマリロ ナス科 ]

・8月

[ ハネデューメロン ]

・9月

[アスパラ・ミニアスパラ]

[ トレビス ]

・10月

[ クランベリー ]

[ ランブータン ]

・12月

[ セロリ ]

[ ざくろ ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.