神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介果実部
推薦商品
王林  
 
 

王林

商品情報
 王林は、1931年(昭和6年)から福島県伊達市桑折町の大槻只之助氏により品種改良に取り組み、ゴールデンデリシャスの種をまき、その実生を育成していました。
 1943(昭和18年)に初めて実がなったものを原木として増殖し、栽培されました。
 1952(昭和27)年JA伊達の大森常重組合長が「リンゴの中の王様」という意味の王林と命名し、関係者の努力でその年から東京の市場に出回るようになりました。

 王林はゴールデンデリシャス×印度(花粉)をかけあわせたものです。近年、王林は “ふじ” “ジョナゴールド” に次ぐ大品種であり、青森県を始め多くの県で作られています。

作柄情報
 本年は台風等の大きな気象災害もなく、生育は良好で平年よりも数量は多く、大玉果で食味も良好です。

商品の選び方
 青いリンゴより黄色みのかかったリンゴのほうが太陽を多く浴び、糖度も高くなっています。(無袋栽培の為、果皮表面にひび状のサビが発生しやすくなっています)

美味しい食べ方
 王林はもともと酸が少なく、甘さが強いリンゴです。
 やはり皮ごと丸かじりが一番おいしい食べ方です!

「蜜」とは・・・??
 完熟したリンゴを切ると、芯の周辺が黄色く透き通った状態になっていることがあります。ハチミツのような色合いなので、リンゴの「蜜」と呼ばれています。
 蜜が入る品種は“ふじ” “北斗” “デリシャス”など。一方、蜜の入らない品種としては、“王林” “ジョナゴールド” “つがる” などがあります。
 蜜自体が特に甘いわけではなく、蜜は果実が完熟し糖分が増している状態の目印です。そのため、「蜜入りリンゴ」は甘いといえます。

 

 

 

   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 宮崎県 完熟きんかん ]

[ 長崎さちのか ]

[ あまおう ]

・2月

[ デコポン ]

[ サンふじ ]

・3月

[ 巨峰 ]

[ 王 林 ]

[ タロッコオレンジ ]

・4月

[ 山梨県ハウスキングデラ ]

[ ハウス さくらんぼ ]

[ 長崎県産ハウスびわ ]

[ 西 瓜 ]

・5月

[ 宮崎産 完熟マンゴー  ]

[ デラウェア ]

[ ハウス桃(JAふえふき富士見支所) ]

・6月

[ JA鳥取中央 倉吉 極実(ごくみ)西瓜 ]

[ ブルーベリー ]

[ マスカットオブアレキサンドリア ]

・7月

[ 山梨県 桃 ]

[ アプリコット(あんず) ]

[ 桃(桃一番) ]

[ 和歌山県JA紀の里 あら川の桃 ]

[ 温室みかん ]

[ 岡山産 ニューピオーネ ]

[ 佐賀県産 幸水梨(伊万里梨) ]

・8月

[ ロザリオビンコ ]

[ プルーン ]

[ 加西ゴールデンベリーA ]

・9月

[ ラフランス ]

[ 富有柿 ]

[ たねなし柿 ]

・10月

[ 市田柿 ]

[ 有田みかん ]

・11月

[ シナノ三兄弟 ]

[ グローコールマン ]

・12月

[ 富山干柿 ]

 
   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.