神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介野菜第1部
推薦商品
夏秋きゅうりcucumber

夏秋きゅうり畑
資料提供 JAひがしうわ http://www.ja-higashiuwa.or.jp/

 

商品情報
きゅうりの原産地はヒマラヤ山麓のインド側と言われており、
紀元前1000年ごろに西アジアで栽培され、ヨーロッパ、中国へ広がったとの事です。
日本でも平安時代から食べていたという記録もあります。現在は、400以上もの品種が
作られており、日本では細長い「白イボ」系が流通しており、
品種改良やハウス栽培により年間出荷されていますが、夏から秋にかけてが旬となります。

産地情報
当市場の現在の主力産地はかつて日本テレビの「 どっちの料理ショー」で
ジャージャー麺の具として紹介され勝利した、
愛媛県西予市野村町を中心としたJA東宇和産の胡瓜が
市場全体の6割以上の入荷を占めています。5〜6月に定植された露地栽培で施設栽培と違い、
自然の太陽光線を一杯浴びて生育し、
ボリューム感があり濃緑色で瑞々しく歯ざわりの良い味覚に優れた胡瓜を出荷しています。

商品の選び方
胡瓜の大敵は商品の脱水です。鮮度の高いものを選びましょう。
鮮度の目安はイボを触るとトゲが刺さるぐらい痛いものが新鮮です。
また頭の部分が押さえて固いものを選んでください。まっすぐなものも、
曲がっているものも味は変わりません。
胡瓜は乾燥と低温に弱いので、保存するときはビニール袋に入れて冷蔵庫に保存してください。
購入して2〜3日迄に召し上がってください。

おいしい食べ方
資料提供 全農えひめ http://www.eh.zennoh.or.jp/

 

一口メモ
殆どが水分ですが、カリウム・ビタミンC・カロチンが含まれています。
夏に食べればカリウム・ビタミンCが汗で消耗されたのを補えますし、
体を冷やす効果があります。
またカロチンには利尿作用があり、体のむくみや、だるさの解消につながるので生で
どんどん食べてください。酢を混ぜ合わせると余分な酵素からビタミンCが破壊されるのを守ります。
また、民間療法では、むくみや利尿、胸焼け防止に良い野菜として昔から利用されており、
体を冷やす作用があるとされ、日焼けして火照った肌にパックする美容法もよく知られています。

 
 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 生椎茸 ]

[ ハウス胡瓜(高知・宮崎・徳島) ]

[ ミニトマト ]

・2月

[ 小松菜 ]

・3月

[ 絹サヤ(和歌山・愛知・鹿児島) ]

[ 岩津ねぎ ]

・4月

[ ふき ]

[ 春キャベツ ]

・5月

[ 甘長とうがらし、万願寺ししとう ]

[ 夏ほうれん草 ]

[ そら豆 ]

・6月

[ 梅 ]

[ スイートコーン ]

・7月

[ えだまめ ]

[ 夏秋きゅうり ]

[ 西条絹かわなす ]

・8月

[ 夏秋ナス ]

[ 松 茸 ]

[ 冬瓜 ]

・9月

[ まいたけ ]

[ 秋冬白菜 ]

[ やまびこしめじ ]

[ しいたけ ]

[ JAたじまピーマン ]

・10月

[ 白葱(しろねぎ) ]

[ 春 菊 ]

[ 伊予美人/早生(里芋) ]

・11月

[ ブナピー ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ ハウスピーマン ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.