神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介野菜第1部
推薦商品
えだまめ Green soybean
えだまめ

産地情報
神戸市場へ入荷する、枝豆の大きな産地は岐阜県と徳島県です。岐阜県は長良川、
徳島県は吉野川、それぞれ流域の肥沃な地域で生産されています。
岐阜県、徳島県共に、5月頃のハウス物の出荷から始まり、トンネル物、露地物へと
リレー式に栽培され、9月末まで供給が可能です。
なお、最も潤沢に入荷するのが、露地物の最盛期となる7月〜8月です。その時期が
枝豆の旬といえるでしょう。

作柄情報
本年は、5月中旬・下旬に雨が多く、生育が心配されていたものの、その後比較的に日照量に恵まれ、順調に入荷しています。

商品の選び方
実が良く膨らみ、サヤの色がグリーンの濃いもの、またサヤに傷が無いものが新鮮です。最近では、鮮度保持フィルムで出荷されている為、獲りたての風味を楽しむ事が出来ます。

美味しい食べ方
昔から、枝豆の栄養価は、よく知られた事ですが、子供たちのおやつに、夏の暑い日は、ビールのおつまみに最適です。最も簡単な食べ方は、ゆでた枝豆ですが、

まずお湯1Lに対し、塩 大さじ2杯程度で、4〜5分程茹で上げ、冷水をかけて、水切りをしますと、より鮮やかな色上がりに出来上がります。
その他料理方法としまして、豆腐・スープ・またムース等にしても楽しむ事が出来ます。

美味しい食べ方



一口メモ
えだ豆は「畑の肉」と称される大豆の仲間で、たんぱく価を多く含みます。肝臓の働きを助けるアミノ酸のメチオニンという成分が含まれており、栄養的にもビールのおつまみにぴったりです。ビタミンA・Cを多く含む他、人体の働きを円滑にする成分である無機質も含む緑黄色野菜です。

 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 生椎茸 ]

[ ハウス胡瓜(高知・宮崎・徳島) ]

[ ミニトマト ]

・2月

[ 小松菜 ]

・3月

[ 絹サヤ(和歌山・愛知・鹿児島) ]

[ 岩津ねぎ ]

・4月

[ ふき ]

[ 春キャベツ ]

・5月

[ 甘長とうがらし、万願寺ししとう ]

[ 夏ほうれん草 ]

[ そら豆 ]

・6月

[ 梅 ]

[ スイートコーン ]

・7月

[ えだまめ ]

[ 夏秋きゅうり ]

[ 西条絹かわなす ]

・8月

[ 夏秋ナス ]

[ 松 茸 ]

[ 冬瓜 ]

・9月

[ まいたけ ]

[ 秋冬白菜 ]

[ やまびこしめじ ]

[ しいたけ ]

[ JAたじまピーマン ]

・10月

[ 白葱(しろねぎ) ]

[ 春 菊 ]

[ 伊予美人/早生(里芋) ]

・11月

[ ブナピー ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ ハウスピーマン ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.