神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介野菜第1部
推薦商品
フキ
 
フキ フキ

商品情報
ふきは関西で消費が多く、愛知が全国で一番の生産量を誇っています。ふきの旬は3月〜5月で、4月上旬〜5月中旬頃に入荷のピークを迎えます。
神戸市場では3月は愛知産、4月中旬からは兵庫県産を主体に入荷しています。他にも徳島産、大阪産も少量ですが入荷します。
年々需要の減少とともに、生産量も減少傾向あるふきですが、おいしいので調理の手間を惜しまず、ぜひ食べてみて下さい。きれいな緑色が見た目にも美しく、食べると口の中にふきの香りが広がり春の味を満喫できる、この季節ならではの野菜です。また、ふきには花粉症に効果があるといわれています。

産地情報
現在市場に出回っているのはほとんどが「愛知早生」という種類で各産地(兵庫・大阪・徳島・愛知他)改良しながら株分けにより栽培しています。
市場に出荷されるフキはハウス栽培のため、出荷量・出荷時期とも比較的安定しています。

商品の選び方
ふきを手に持った時、しならないぐらい適度な張りがあるものが新鮮です。軟らかいものや、赤くさびのようなものが出ているのは商品が古くなっていますので、赤色のものはさけ、緑の濃いものを選びましょう。

おいしい食べ方
<ふきのしたごしらえ>
@ ふきをなべに入る長さに切る
A まな板にのせ塩で板ずりする
B たっぷりの熱湯に塩を入れてゆで、冷水にさらす
C 水の中で皮をむく。あくがひどいときは、水を取りかえる。
このようにすると、色鮮やかに仕上がり、あくもきれいにとれます
下ごしらえの後、鯛の卵や、たけのことの煮物、ゴマあえ、キャラブキ(香木の伽羅に似た茶褐色に煮あがるのでキャラブキといいます)などの料理で召し上がって下さい。
葉はゆでてから水にさらしてアク抜きし、みじん切りにして佃煮にするとおいしく食べることができます。

一口メモ
ふきには、アレルギー反応を出にくくする効果があるといわれているフキノール酸と呼ばれるポリフェノールを含んでいます。フキノール酸は水溶性のポリフェノールなので、ゆでると水に溶け出してしまいます。花粉症の方はふきをゆでた煮汁で味噌汁等を作るといいかもしれませんね。

資料提供
JA大阪泉州
http://www.osaka-ja.co.jp/ja/sensyu/index.html

JAあいち経済連
http://www.ja-aichi.or.jp/top/index.html


 
 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 生椎茸 ]

[ ハウス胡瓜(高知・宮崎・徳島) ]

[ ミニトマト ]

・2月

[ 小松菜 ]

・3月

[ 絹サヤ(和歌山・愛知・鹿児島) ]

[ 岩津ねぎ ]

・4月

[ ふき ]

[ 春キャベツ ]

・5月

[ 甘長とうがらし、万願寺ししとう ]

[ 夏ほうれん草 ]

[ そら豆 ]

・6月

[ 梅 ]

[ スイートコーン ]

・7月

[ えだまめ ]

[ 夏秋きゅうり ]

[ 西条絹かわなす ]

・8月

[ 夏秋ナス ]

[ 松 茸 ]

[ 冬瓜 ]

・9月

[ まいたけ ]

[ 秋冬白菜 ]

[ やまびこしめじ ]

[ しいたけ ]

[ JAたじまピーマン ]

・10月

[ 白葱(しろねぎ) ]

[ 春 菊 ]

[ 伊予美人/早生(里芋) ]

・11月

[ ブナピー ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ ハウスピーマン ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.