神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介野菜第1部
推薦商品
そら豆
 

初夏を代表する野菜としてそら豆を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
そら豆は、お料理だけでなくお酒のおつまみにも最適な、色も香りもさわやかな、初夏の味を運んでくれる食材です。 


産地情報
現在、長崎・鹿児島の産地のそら豆を中心に入荷しており、5月中は長崎のJAながさき西海、平戸のそら豆が主力の入荷となっています。温暖の気候に恵まれ、生育は順調で6月上旬頃まで潤沢な入荷が見込まれています。
現在、長崎のそら豆はハウス物と路地物の入荷を行っており、ハウス物は5月中頃まで、路地物は6月上旬頃までの入荷見込みとなっています。

商品の選び方
ソラマメは、おいしいのは3日間だけといわれるほどその鮮度に左右され、サヤから出すとすぐに硬くなってしまいます。なので、購入するときはサヤ付きのままで購入してください。サヤに艶があり、緑色でサヤの中がパンパンに詰まったものが新鮮です。 サヤが黒ずんでいるのは古いものなので避けたほうが無難です。

● おいしい食べ方

おいしいそらまめ料理方法
サヤごと(サヤに切り込みを入れる)レンジで6分間加熱すると簡単にホクホクソラマメができます。莢から取り出して、豆だけをお皿にいれ、ラップをかぶせてレンジで2分加熱!その際、好みに合わせ塩を少々ふりかけて下さい。

ゆでかた
なべに多めに水を入れ、塩を少々入れ、沸騰するまで待ちます。次に、サヤから取り出したそら豆を入れ約2分程度煮てください。そして、煮具合を確認し、豆が軟らかくなったらざるに移して水気が乾くのを待って、暖かいうちに薄皮ごとお召し上がりください。

そら豆は保存期間が長くなると味が落ちます。買ってきたらできるだけすぐにゆでること。特にサヤからでているものは、早く加熱します。保存するときはポリ袋に入れて冷蔵庫で保存し、3日くらいで使い切りましょう。硬めにゆでて冷凍しておくと、ソラマメのない時期にも楽しむことができます。

そら豆

一口メモ
そら豆の主な成分は、でんぷんとたんぱく質です。そのために、昔から体力を養い気力を充実させる野菜の一つとして用いられてきたとのことです。他にもビタミンB1、B、2C、鉄分を多く含みます。また糖質も多く含まれるので、ビールなどアルコールのお供にはうってつけの食材です。


資料提供
ながさき西海農業協同組合(JAながさき西海) 
http://www.jansaikai.jp/index.htm

 
 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 生椎茸 ]

[ ハウス胡瓜(高知・宮崎・徳島) ]

[ ミニトマト ]

・2月

[ 小松菜 ]

・3月

[ 絹サヤ(和歌山・愛知・鹿児島) ]

[ 岩津ねぎ ]

・4月

[ ふき ]

[ 春キャベツ ]

・5月

[ 甘長とうがらし、万願寺ししとう ]

[ 夏ほうれん草 ]

[ そら豆 ]

・6月

[ 梅 ]

[ スイートコーン ]

・7月

[ えだまめ ]

[ 夏秋きゅうり ]

[ 西条絹かわなす ]

・8月

[ 夏秋ナス ]

[ 松 茸 ]

[ 冬瓜 ]

・9月

[ まいたけ ]

[ 秋冬白菜 ]

[ やまびこしめじ ]

[ しいたけ ]

[ JAたじまピーマン ]

・10月

[ 白葱(しろねぎ) ]

[ 春 菊 ]

[ 伊予美人/早生(里芋) ]

・11月

[ ブナピー ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ ハウスピーマン ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.