神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


季節商品の紹介野菜第1部
推薦商品
絹サヤ【和歌山・愛知・鹿児島】
 

●3月8日は「さやえんどうの日」
●5月4日は「うすいえんどうの日」

産地・商品情報
 エンドウには、サヤごと食べるサヤエンドウと中の豆を食べる実エンドウがあります。
サヤエンンドウの中でも早取りしたものが絹サヤといわれています。

作柄情報
特にこれから旬となる和歌山産は、出荷時期がハウスもの、路地もの含めて10月〜4月ぐらいとなっています。



商品の選び方
 サヤの緑が鮮やかで張りがあるものが良いでしょう。
  絹サヤはサヤが薄く、中の豆が少ないほうが良く、折り曲げてポキッというものが新鮮です。

美味しい食べ方
 自然な緑色、それが美味しさの秘密です。バターいためやフライ、卵とじ、中華料理に幅広く利用できます。調理では火の通りが早いので、出来るだけ短時間で加熱することでその美しい色をそのまま活かせます。

紀州うすいのポタージュ
―うすいえんどうと玉葱をミックスしたクリーミーなポタージュスープです―
紀州うすいのポタージュ ●材料(4人分)●
 紀州うすい(サヤ付き)・・・200g
 玉葱・・・中1/2個
 ブイヨン・・・11/2カップ(固形スープ1個をとく)
 牛乳・・・150ml
 生クリーム・・・大さじ2
 クラッカー・・・少々
●作り方●
  1. 玉葱は薄切りにして、むいたうすいえんどうとバター10gで炒め、ブイヨンの一部を加えて軟らかくなるまで煮込む。
  2. 小さなボールで小麦粉とバター各15gを練り合わせておく。
  3. 1に2を加えてなめらかになるまで煮、少し冷ましてミキサーにかける。
  4. 3を鍋にもどして牛乳と残りのブイヨンを加えて伸ばし、塩とこしょう各少々で味を調えて生クリームを混ぜる。温まったら器に盛り、クラッカーを粗く崩して飾る。

 

紀州うすいの豆ご飯
―うすいえんどうの味がお藩に移って、季節の美味しさが一番感じられます―
紀州うすいの豆ご飯 ●材料(4人分)●
 紀州うすい(サヤ付き)・・・400g〜500g
 米・・・3合
 酒・・・大さじ3
 塩・・・小さじ1
 ダシ昆布・・・1枚
●作り方●
  1. 紀州うすいは、むいてからさっと洗う。
  2. 米はざるにあげ、水気を切る。
  3. 炊飯器に米を入れて水を目盛まで注ぎ、30分程おく。
  4. 3に酒大さじ3、塩小さじ1を加えて混ぜ、うすいえんどうとダシ昆布を入れて普通に炊く。
  5. 炊き上がったら、全体を混ぜて器に盛る。

 

資料提供
JAグループ和歌山  http://www.ja-gp-wakayama.or.jp/
JA和歌山県農協連  http://www.wk-kennoh.or.jp/

 

 
 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ 生椎茸 ]

[ ハウス胡瓜(高知・宮崎・徳島) ]

[ ミニトマト ]

・2月

[ 小松菜 ]

・3月

[ 絹サヤ(和歌山・愛知・鹿児島) ]

[ 岩津ねぎ ]

・4月

[ ふき ]

[ 春キャベツ ]

・5月

[ 甘長とうがらし、万願寺ししとう ]

[ 夏ほうれん草 ]

[ そら豆 ]

・6月

[ 梅 ]

[ スイートコーン ]

・7月

[ えだまめ ]

[ 夏秋きゅうり ]

[ 西条絹かわなす ]

・8月

[ 夏秋ナス ]

[ 松 茸 ]

[ 冬瓜 ]

・9月

[ まいたけ ]

[ 秋冬白菜 ]

[ やまびこしめじ ]

[ しいたけ ]

[ JAたじまピーマン ]

・10月

[ 白葱(しろねぎ) ]

[ 春 菊 ]

[ 伊予美人/早生(里芋) ]

・11月

[ ブナピー ]

[ 里芋(伊予美人) ]

・12月

[ ハウスピーマン ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.