神果神戸青果株式会社 HOME
ご挨拶 会社案内 市場の品物の流れ 採用情報
HOME > 市場の品物の流れ
 
 
市場の品物の流れ
     

市場の品物の流れ集荷 → 下見 → せり → 仲卸 → 買出・積込(上の画像が変わります)

     
 

MENU

市場の品物の流れ

中央卸売市場とは

中央卸売市場本場案内

季節商品の紹介

果実部

野菜1部

野菜2部

商事部

明石支社

DONDON


推薦商品
サラダほうれん草 marsh grass

産地・商品情報
イメージ写真 ほうれん草といえば、ポパイを思い起こす方も多いはずです。
原産地はトルコ東部から イラン北部一帯で、シルクロードを通じて中国北部に伝わる一方、ヨーロッパへも伝わりました。日本へは 16 世紀に入り、江戸末期には西洋種が入ってきました。

葉が丸いのは西洋種で、葉が切れ込んでギザギザの形が日本種、
そして中間種と大きく 3 種類に分かれます。
苦味の成分であるシュウ酸の含有量は、西洋種では約 1.0 %、
日本種が 0.6 %と言われ、
茹でる事によってシュウ酸が水に溶けて苦味が消えます。

苦味が消える境目が 0.4 %と言われ、品種改良、水耕栽培により
シュウ酸含有量を 0.4 %以下に落とし、 葉、茎をやわらかくしたものを
「サラダほうれん草」と言います。

神戸には島根県、和歌山県、愛知県産が通年入荷しており、 4 〜 12 月には徳島県産が 入ってきます。 7,8 月の夏場は若干入荷量が減る模様です。 商品の選び方 葉があまり長すぎるのもやや硬いと思われ、 25cm 未満のものが柔らかくておいしいです。
そしてみずみずしく張りのあるもので、緑色の鮮やかなものが新鮮です。 

作柄情報
徳島県は定植、4月下旬から5月上旬で市場に出荷されるのは、
6月上旬から10月下旬頃の出荷、前年は、重なる台風により大きな被害が出たが、
今年は定植時の気温も高く、 潤沢な出荷見込み。 商品の選び方 色が濃く、つやがあるもの。

おいしい食べ方
「サラダほうれん草」名の通りサラダで !!  フレンチ、イタリアン、和風
いかなるドレッシングにも合います。赤ピーマン、黄ピーマン、トマト、
色鮮やかなサラダの誕生です。
ベーコンをカリカリに炒めてトッピングすると、カロチンを摂る事ができます。
またカレーに入れるのも。一度お試し下さい。

一口メモ
カロチン、ビタミン A ・ C 、鉄などを多く含む緑黄色野菜です。
ビタミン C が鉄の吸収を助け、葉酸が豊富である事から貧血に良いと言われています。

資料提供 JA雲南 
http://unnan.ja-shimane.gr.jp/

 
   
ア ー カ イ ブ
・1月

[ カリフラワー(徳島市川内町) ]

[ 茗荷(みょうが) ]

・2月

[ 菜の花 ]

[ 新ごぼう ]

・3月

[ メークイン(鹿児島県 沖永良部島産) ]

[ 新玉葱 ]

[ アスパラ ]

・4月

[ たけのこ ]

[ 春にんじん ]

・5月

[ サラダほうれん草 ]

[ 鳴門らっきょう ]

[ セルリー(セロリ) ]

・6月

[ 長野産ロメインレタス ]

[ オクラ ]

[ 砂丘らっきょう ]

・7月

[ レタス ]

[ はたがなる大根 ]

[ 新甘藷(宮崎県串間市大束農協) ]

[ ゴーヤ(にがうり) ]

[ 小カブラ ]

・9月

[ ブロッコリー ]

[ JA茨城むつみ産 サニーレタス ]

[ ズッキーニ ]

[ 長 芋 ]

[ スダチ ]

・10月

[ 百合根(ゆりね) ]

[ JAあわじ島農協 玉葱 ]

・11月

[ 牛 蒡 ]

[ 安納さげ芋(種子島) ]

・12月

[ 金時人参 ]

   
Copyright(C)2000-2004神果神戸青果株式会社 All Right Reserved.